抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
AICLA Accidents, Ischémiques Cérébraux Liés á l'Athérosclérose
結論 aspirin(1000mg/日)投与はアテローム血栓性脳梗塞の二次予防に有効であり,Canadian Trialの成績を裏づける結果となった。dipyridamoleとの併用の優位性は認められず,またaspirinの効果の性差は明らかにされなかった。

目的 アテローム血栓性脳虚血イベントの既往患者において,抗血小板薬aspirin単独またはdipyridamoleとの併用が,致死性および非致死性脳梗塞発症を抑制するかを比較検討。
デザイン ランダム化,二重盲検。
セッティング 多施設(4施設)。フランス。
期間 追跡期間は3年。登録期間は1975年10月~1978年12月。
対象患者 604例。平均年齢63歳。男性70%。過去1年以内に一過性または永続性の脳・網膜アテローム血栓性虚血イベントを発症した患者。
【除外基準】めまい感,意識喪失,複視,記憶喪失の症状がある患者。50歳以下の女性,消化性潰瘍の既往など。
治療法 aspirin 990mg/日(分3)投与群(198例:A群),aspirin 990mg+dipyridamole 225mg/日(分3)投与群(202例:A+D群),プラセボ群(204例:P群)にランダム化。
追跡完了率 脱落率は40.6%(245例:A群82例,A+D群75例,P群88例)。
【脱落理由】脳梗塞(66例),有害事象(41例),脳梗塞以外の血管疾患(29例),死亡(25例)など。
結果

●評価項目
試験終了時の致死性および非致死性脳梗塞発症は,P群31例,A群17例,A+D群18例であった。致死性および非致死性脳梗塞の累積発症率は,P群18%,A群,A+D群ともに10.5%と実薬群で有意に抑制されたが(p<0.02),A群とA+D群間では差はみられなかった。新規の脳梗塞発症は,椎骨・脳底動脈部よりも頸動脈部に多く,ベースライン時の虚血領域との関連は認められなかった。心筋梗塞発症は実薬群で有意に減少した(p<0.05)。

●有害事象
有害事象による投与中止は,P群6例に比し,A群17例,A+D群18例と実薬群で有意に多かった(p<0.03)。なかでも,消化性潰瘍,消化管出血の発現が多く認められた。

文献: Bousser MG, et al. "AICLA" controlled trial of aspirin and dipyridamole in the secondary prevention of athero-thrombotic cerebral ischemia. Stroke 1983; 14: 5-14. pubmed
関連トライアル AAASPS 2003, ACCSG 1983, ACCSG 1985, Acheson J et al, AITIA 1977, AITIA 1978, AMIS, Asymptomatic Cervical Bruit Study, ATIAIS, Brooks N et al, CABADAS, Canadian Cooperative Study 1978, Canadian Multicenter Trial, CAPRIE 1996, Cardiff-1, CHARISMA, CREDO, DAMAD, Danish Cooperative Study, Danish Very-Low-Dose Aspirin Trial, EAFT 1993, Elwood PC et al 1979, ESPRIT 2006, ESPS-1, ESPS-2 1996, Findlay JM et al, Gent AE et al 1968, Gent M et al 1985, Guiteras P et al, Gurfinkel EP et al, Harker LA et al, Heiss HW et al, Hess H et al, Ishikawa K et al, Kretschmer G et al, Libretti A et al, Meister W et al, Meyer JS et al, PARIS-I, PARIS-II, Physicians' Health Study 1990, RESTORE, SPIRIT, Sreedhara R et al, Swedish Cooperative Study, TASS 1993, TPT, UK-TIA, VA Cooperative Study 1989, WHS
関連記事